どうして皆さん現金払いがお好きなんでしょうね?

10月から消費税も10%にアップして、ますます一般庶民にとっては買い物がしにくい時代になってしまいましたね。

第一生命研究所の試算によると、消費増税の家計への平均負担額は年4万5000円とのことです。

年に4万5000円というのはバカにならない金額ですよね、1ヶ月にしてみると4,000円弱ですからね、なかなかバカには出来ない額ですよね。

でも消費税アップに伴って、一応皆さんも耳にしたことがあると思いますが「キャッシュレス・消費者還元事業」というものが実施されていて、2019年10月1日から6月30日まで実施されています。

これは中小規模の店舗で商品・サービスを購入する際に、クレジットカードや電子マネー、スマホ決済などのキャッシュレスで支払うと、5%のポイント還元が受けられるというものです。

あくまで中小規模の店舗に限っているので、百貨店や家電量販店などの大企業の店舗は対象外となりますので、注意が必要です。

まあ加盟店には「CASHLESS」と書かれた赤いロゴマーク入りのポスターなどが掲示されていますので、確認してから購入すると良いでしょう。

なので、皆さんキャッシュレス決済をしているのかと思えばどうもそうでは無いようですね。

どうしてそういうことが分かるのかと言うと、自分は朝会社に行く前に昼ごはんのおにぎりを駅中のコンビニで毎日買っているのですが、出勤時間なのでどうしてもレジの前にはズラリと人が並んでいますからね。

で、自分はただ列に並んでいても仕方がないので、買い物をする皆さんがレジでどういう方法でおカネを支払っているのかを観察しているわけですが、やっぱりまだまだ現金で支払っている人が多いですよね。

自分が毎日寄っているコンビニはセブンイレブンですので、nanacoで決済している人もたまに見ますが、カードで決済している人はほとんど見ませんし、ましてやなんとかペイとかいわゆるスマホアプリで決済している人はまれですね。

でもどうしても皆さんキャッシュレス還元でお得になるカードとかスマホアプリで支払わず、面倒くさくて損をする現金で払いたがるんですかね?

しかもおカネを持ってそうな人ほどキャッシュレス決済をしていて、貧乏そうな人ほど現金支払いをしている感じです。

そんなのではいつまで経ってもお金持ちはお金持ちで、貧乏人は貧乏人のままだと思ってしまいますがどうなんでしょう?

ちなみに自分はセブンイレブンでは、前はnanacoの残高がある時はnanacoで払って足りないときはセブンカードプラスでクレジット払いをしてnanacoポイントを貯めていましたが、楽天ペイが使えるようになってからはもう楽天ペイしか使っていません。

どっちにしてもポイント還元率はほとんど同じだからだと思うからです。

それなら楽天スーパーポイントが貯まる方がいいかと思って、あんまり深い考えはないですけどね。

もちろん楽天ペイに紐づけているクレジットカードは楽天カードですけどね。

まあ楽天ペイを使えとまで言うつもりはありませんが、現金払いをするくらいなら、キャッシュレス還元どうこうは別にして楽天カードで支払った方がポイント1%貯まってお得ですよ。

楽天カード



タイトルとURLをコピーしました