あると便利なクレジットカード、楽天カードのお得な使い方など

今回は一番よく使っているクレジットカードである「楽天カード」について、お得な使い方などを書いていきたいと思います。

クレジットカードは全部で6枚ほど持っていて、以前は使い分けたりしていたのですが、最近ではほぼ100%楽天カードしか使わなくなりました。

少し前に楽天ゴールドカードの改悪がありましたけど、普通の楽天カードには関係なくて良かったです。

楽天カードを作るなら8,000ポイントがもらえるキャンペーン期間中がお得ですが、不定期なのでいつなのかは分かりません(笑)

楽天カード

街での買い物

楽天カードを持っていると、普段の街での買い物でもポイントを貯めることができます。

クレジットカード単体で使うというよりも、アプリや電子マネーに紐づけて使うことが多いですね。

楽天ペイに紐づけ

楽天ペイで支払うことで、楽天ポイントをお得に貯めることができます。

しかも楽天ペイは通常ポイントに加えて期間固有ポイントも利用できるので、ポイントが期限切れする前に使えて非常に便利です。

楽天ペイでの楽天カードの使い方は2通りです。

まず、楽天ペイで払った金額をそのまま楽天カードで支払う方法です。(ポストペイのような形)

これだとクレジットポイントしかもらえないので、1%のポイント還元になります。

もう1つの方法は、楽天カードで楽天キャッシュにチャージしてから楽天ペイで支払うやり方です。

これだとチャージで0.5%、楽天ペイの使用で最大1%でトータルで最大1.5%のポイント還元になります。

最大と書いたのは、楽天ペイの支払いは100円で1ポイント還元なので端数は切り捨てられるからです。

チャージした金額を超える買い物をしてもオーバーした分は楽天カードでの支払いになるので、金額は気にしなくても大丈夫です。

楽天ポイントと楽天キャッシュのどちらを優先して使うかも設定できます。

楽天ペイを使うなら、当然ポイント還元率の高い楽天カードでチャージする方をおススメします。

  • 楽天カードでチャージして支払うと最大1.5%のポイント還元
  • アプリ起ち上げはやや面倒くさい
  • 期間固有ポイントも使える

自分が街で買い物する時は、楽天ペイでの支払いが優先順位としてはトップですね。

アプリを起ち上げるのが少し面倒ですけど、ポイント還元率の高さには勝てません(笑)

楽天Edyに紐づけ

楽天カードで楽天Edyのオートチャージを設定しておくと、街での買い物が大変便利です。

楽天Edyはプリペイド型(先にお金を入れておく)の電子マネーですが、オートチャージの設定をしておくことで残高を気にせずに買い物ができるようになります。

楽天カードでのオートチャージで0.5%、さらにEdyの支払いで最大0.5%のポイント還元になります。

最大と書いたのは、Edyの支払いは200円で1ポイント還元なので端数は切り捨てられるからです。

端数切り捨ての1%なので楽天カード支払いの方がお得ですが、楽天Edyには下記の利点があります。

  • 支払いがスムーズ
  • キャンペーンが多い
  • ポイント還元は最大1%

楽天カードの支払いではカードリーダーに挿入したりして多少時間がかかりますが、楽天Edyでは決済端末にかざすだけで「シャリーン」と1~2秒で支払いが終わります。

暗証番号を打ち込む必要もありません。

キャンペーンもよくやっているので、エントリーしておけば楽天カード以上の還元になることもあります。

支払いの簡単さから言ったら楽天Edyが一番ですけど、今のところ楽天ペイの方がポイント還元率が高いです。

そういうわけで、優先順位としては2番目ですね。

Edy-楽天ポイントカード

クレジットカードで支払う

楽天カードはクレジットカードなので、もちろん直接カードで支払うこともできます。

ポイント還元率は1%です。

これは1ヶ月で使った金額に対してもらえるので、1回1回の買い物で端数が切り捨てられることはありません。

楽天ペイと楽天Edyが使えなくても楽天カードなら使える店舗が多いので、そういうお店では重宝します。

  • 楽天ペイと楽天Edyより使えるお店が多い
  • ポイント還元は1%

優先順位としては3番目ですね。

ネットショッピング

ネットショッピングをする時に楽天カードで決済すると、当たり前ですけどクレジットポイントとして1%のポイント還元があります。

楽天市場がお得

中でも1番お得なのは楽天市場での買い物です。

楽天市場にはSPU(スーパーポイントアッププログラム)というのがあり、条件を満たす度にポイントアップしていき最大16倍になります。

その中で、楽天カードに関係しているのは下記の3つです。

  1. 楽天カード利用で +2倍
  2. 楽天銀行の口座で楽天カード利用代金の引き落としで +1倍
  3. 楽天の保険の保険料を楽天カードで支払いで +1倍

楽天市場で楽天カード決済をするだけで、ポイントが+2倍になります。

楽天銀行の口座を持っている方は楽天カードの引き落としは楽天銀行にしていると思いますが、それだけでポイントが+1倍です。

楽天銀行と楽天カードの紐づけでは他にもいいことがありますが、それはまた後で。

楽天では保険も取り扱っていますが、保険料を楽天カードで払うとさらにポイントが+1倍です。

自分は保険には興味がないので入っていませんけど(笑)

楽天市場はふるさと納税の寄付でもポイントが貯まりますので、何かのキャンペーン中にまとめ買いするのがおススメです。

楽天市場

その他

楽天カードを持っていると、ショッピングだけではなく他にもいろいろ便利なことがあります。

楽天銀行の金利アップ

楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にすると楽天市場での買い物がお得になると書きましたが、その他にもいいことがあります。

楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にすることで、普通預金の金利が上がります。

楽天銀行の普通預金の金利は0.02%(税引き前)なのだそうですが、大手銀行の金利が0.001%(税引き前)くらいなのでそれでも十分高いと言えます。

それが楽天カードの引き落とし口座にすることで、さらに2倍の0.04%(税引き前)になります。

楽天カードを使っているなら、楽天銀行の口座も作った方が断然お得ですね。

  • 楽天銀行の口座で楽天カード利用代金の引き落としで金利アップ

楽天証券の積立投資

楽天カードを持っていると、投資信託でもポイントをゲットできます。

楽天証券では積立投資を5万円まで楽天カードで決済できますので、クレジットポイントとして1%のポイント還元があります。

例えば5万円分の投資信託を購入すれば、500ポイントをもらえることになるので大変お得です。

どこかの投資信託では、買うと逆に購入手数料なるものを取られる商品もあるというのに大きな違いです。

積立投資の購入手数料として、1%分のポイントをもらっているようなものですね(笑)

楽天証券で投資信託をやっている方は、楽天カード決済での積立投資がとにかくおススメです。

  • 楽天証券の積立投資を楽天カード決済でポイント1%還元(5万円まで)

楽天銀行と楽天証券の口座連携

ちなみに楽天証券の口座を持っていると、楽天銀行の金利をさらに上げることができます。

楽天銀行と楽天証券の口座を連携(マネーブリッジという)させると、普通預金の金利がなんと0.1%になります。

楽天カードを使うなら、楽天銀行と楽天証券をセットで使うのがおススメですね。

  • 楽天カード+楽天銀行+楽天証券 のセットがおススメ

楽天totoの購入

楽天totoも楽天カードで購入できます。

楽天銀行にも「楽天銀行toto」というものがあり、そこでも同じものが買えますが楽天カードは使えません。

楽天totoは購入100円ごとに1ポイントがもらえますが、楽天カードで購入するとさらにクレジットポイントの1%分のポイントももらえてお得です。

ちなみにtotoというのはサッカーくじですね。

コンピューターに完全お任せのBIGもあります。

BIGは最高12億円、totoは最高5億円という、当たるととてつもない宝くじです。

楽天totoで購入すれば試合が終わってもいちいち当たりくじのチェックをしなくても、もし万が一にも当たっていたら当選金が振り込まれます。

キャンペーンもしょっちゅうやっていますので、お得にくじを購入できます。

  • 楽天カードを持っているなら「楽天銀行toto」より「楽天toto」の方がお得

自分も12億円を夢見て毎回1口ずつ購入していますが、今のところ全く当たる兆しはありませんね(笑)

楽天totoは自動購入もやっていますので、ほとんど放ったらかしで毎回くじを買うことができます。

楽天toto

リボ払いはダメ

カードの請求額が毎月一定になるという一見すると便利なリボ払いですが、これは使わない方がいいです。

よく見ると実質年率15.00%となっていますが、これはなかなかの高利です。

ショッピングリボ払い返済シミュレーションで計算してみると、10万円の買い物をして月1万円の支払いにすると10万6,875円になるそうです。

リボ払いで買い物をするくらいなら、じっと我慢をした方が良さそうです。

タイトルとURLをコピーしました