【iDeCo】手数料と商品の面から1番良いと思う金融機関を選んでみた

投資情報_タイトル

iDeCoでインデックス投資をするならどの金融機関が良いのか調べていきます。

自分が買いたい商品

投資_見出し1

iDeCoを取り扱っている金融機関は全部で約160あります。

前回「口座管理手数料0円」「資産の縛りなし」で絞ったところ、13の金融機関しか残りませんでした。

その金融機関がこちらです。

  1. イオン銀行
  2. さわかみ投信
  3. 大和証券
  4. 野村證券
  5. 松井証券
  6. マネックス証券
  7. 三井住友銀行(みらいプロジェクト)
  8. 楽天証券
  9. auアセットマネジメント
  10. auカブコム証券
  11. SMBC日興証券
  12. SBI証券(セレクトプラン)
  13. 岡三証券

今回は、この中から1番良いと思う金融機関を選びたいと思います。

どの金融機関も口座管理手数料は無料なので、決め手になるのは商品ラインナップです。

自分の買いたい商品がいくつあるかで、優劣を付けていきたいと思います。

早速ですが、自分がiDeCoで買いたいと思っている商品は次の9つです。

  • 国内株式
    eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)
  • 先進国株式
    eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • 新興国株式
    eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
  • 国内債券
    eMAXIS Slim 国内債券インデックス
  • 先進国債券
    eMAXIS Slim 先進国債券インデックス
  • 新興国債券
    iFree 新興国債券インデックス
  • 国内リート
    eMAXIS Slim 国内リートインデックス
  • 先進国リート
    eMAXIS Slim 先進国リートインデックス
  • バランス
    eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

自分の考えとしては、特定の資産・地域に偏ることなく全部買いたいという考えです。

なので、主要な8資産がメインですね。

バランスファンドは端数が出た時の調整に使います。

商品については、その資産の中で1番運用管理費用の安い投資信託を選んでいるつもりです。

そうなると「eMAXIS Slim」ばかりになってしまいますが、仕方ありませんよね。

それはそうと、「eMAXIS Slim」では新興国債券の投資信託は出さないのでしょうか?

ずっと待っているのですが、なかなか出ませんね。

まあ出たとしても、「iFree」より運用管理費用が高ければ買いませんけど。

金融機関の商品ラインナップ

投資_見出し2

iDeCoの商品ラインナップについては、各金融機関のホームページに載っています。

自分が調べたリンクを貼っておきます。

金融機関の順位付け

投資情報_見出し3

とりあえず、各金融機関の商品ラインナップを全てチェックしてみました。

目線はあくまでインデックス投資家としての目線です。

自分が買っていない投資信託についてはあまり詳しくありません。

  1. イオン銀行
    たわらノーロードだけ買うなら悪くはない。
  2. さわかみ投信
    商品が3つしかない。少なすぎ。
  3. 大和証券
    ダイワの商品ばかりでよく知らない。
  4. 野村證券
    野村の商品ばかりでよく知らない。
  5. 松井証券
    自分の欲しい商品が全て揃っている。素晴らしい。
  6. マネックス証券
    自分の欲しい商品は5つ。なかなかいい感じ。
  7. 三井住友銀行(みらいプロジェクト)
    三井住友の商品ばかりでよく知らない。
  8. 楽天証券
    たわらノーロードだけ買うなら悪くはない。
  9. auアセットマネジメント
    知らない商品ばかり。
  10. auカブコム証券
    auアセットマネジメントと同じ。
  11. SMBC日興証券
    SMBCの商品ばかりでよく知らない。欲しい商品は1つだけ。
  12. SBI証券(セレクトプラン)
    かなり良い商品ラインナップ。欲しい商品は7つ。
  13. 岡三証券
    知らない商品ばかり。

松井証券が1番

自分が1番いいと思ったのは群を抜いて松井証券ですね。

何と言っても自分の買いたい商品が全て揃っていましたから。

もう文句なしです。

それ以外の商品にも「eMAXIS Slim」のオールカントリー米国株式S&P500などもあったりします。

インデックス投資家なら、松井証券のラインナップだけで十分イケると思います。

他に何か必要ですかね?

これからiDeCoを始めようという人は、松井証券でiDeCo口座を作れば間違いないと自分は思います。

投資信託を他の証券会社で買っていたとしても、iDeCoと投資信託を同じ会社にする必要はありません。

ポイントサイトからの口座の申し込みで、下記のポイントがゲットできます。

※1P=1円相当。2022年9月13日現在。

2番手はSBI証券

2番手はSBI証券ですね。

自分の買いたい商品は7つありましたが、それ以外もさすがNo.1ネット証券という品揃えです。

なぜリートだけ「eMAXIS Slim」がないのかはよく分かりませんけどね。

比較的新しいからでしょうか?

他には「eMAXIS Slim」の米国株式S&P500もありますし、全世界株式には「雪だるま」もあります。

これだけあれば、インデックス投資家には十分でしょう。

投資信託をSBI証券で買っていて、他の会社で口座を作りたくない人はSBI証券でもいいかもしれません。

ポイントサイトからの口座の申し込みで、下記のポイントがゲットできます。

※1P=1円相当。2022年9月13日現在。

その他はイマイチ

その他の金融機関では、マネックス証券に買いたい商品が5つありましたので3番手ですね。

ただ、上の2つを押しのけてまで口座を作る理由は特に見出せませんね。

その他については、上に書いた短評通りです。

何にせよ、自社の運用管理費用の高い投資信託ばかり並べている金融機関は選んではいけません。

ということで、今回は終わりにします。