【FIRE】いろいろな条件で資産が5000万円になる期間を計算してみた

投資情報_タイトル

いろいろな条件で資産が5000万円になる期間を調べてみました。

資産運用することが条件

投資情報_見出し1

資産を5000万円に増やすには、当然ながら投資することが条件です。

銀行預金などしていては、金利が低すぎて一生お金が増えませんからね。

タンス預金しているのと同じようなものです。

投資方法は、当然積立投資です。

一括投資できればいいのですが、最初からそんなお金を持っている人はいませんからね。

まあ親の遺産でもあれば別ですが…。

資産0円からコツコツ毎月積立を、資産5000万円になるまでひたすら続けます。

それがどのくらいの期間になるのか、いろいろな条件で調べてみようと思います。

それではまず、調べる積立金額運用利回りの範囲を決めていきます。

調べる積立金額の範囲

投資情報_見出し2

まず、調べる積立金額の範囲を決めます。

下限は1万円くらいにしましょうかね。

それ以下になると、生きている間に5000万円に増やすのは難しそうですから。

次に上限ですが、月に20万円以上積み立てられる人はそうそういないと思います。

と言うか、それ以上積み立てられる人は5000万円FIREなど目指す必要がありません。

もっと上を目指してください。

ということで、上限は20万円にします。

  • 積立金額1万円~20万円の範囲で調べる

調べる利回りの範囲

投資情報_見出し3

次に、調べる利回りの範囲です。

利回りとは、年間どのくらい増えたり減ったりするかをパーセンテージで表したものですね。

利回り5%だったら、100万円が1年後に105万円になるということです。

というわけで、最近流行りのインデックス投資の利回りがどのくらいか調べてみます。

一口にインデックス投資といっても、ポートフォリオによって利回りは大きく変わります。

リート・株式がメインなら高くなりますし、債券がメインなら低くなります。

面倒くさいので、ここでは世界の主要な8資産の平均を取りたいと思います。

世界の主要な8資産については、8資産均等型の投資信託を参考にします。

8資産均等型の投資信託は他にもありますが、選ばれている資産はほぼ同じです。

その8資産の年率平均リターンを、次のサイトで調べていきます。

このサイトによると、8資産の年率平均リターンは次のようになっています。

  • 国内株式:年率平均リターン:5.3%
  • 先進国株式:年率平均リターン:8.2%
  • 新興国株式:年率平均リターン:9.2%
  • 国内債券:年率平均リターン:1.5%
  • 先進国債券:年率平均リターン:4.3%
  • 新興国債券:年率平均リターン:7.2%
  • 国内リート:年率平均リターン:9.2%
  • 先進国リート:年率平均リターン:9.3%

(2001年12月末-2021年12月末、円ベース)

これらを足して8で割ると6.775%になります。

ということで、これがこの20年間の8資産の平均リターンです。

ただし、実際の投資信託はここから運用管理費用が引かれます。

なので、端数は切り捨てることとします。

ということで、ここ20年ほどのインデックス投資の利回りは約6%ということになりました。

なかなか良い数字ですが、たまたまこの20年が良かっただけなのかもしれません。

今後はもっと悪くなるかもしれませんので、利回り3%から調べることにします。

さすがに2%からにすると、5000万円になるまでに寿命が尽きそうですからね。

上限の方は、ひょっとしたらもう少し良くなるかもしれませんので利回り7%まで調べます。

  • 利回り3%~7%の範囲で調べる

積立期間一覧表

投資情報_見出し4

ここからは、実際に上記の条件で5000万円になるまでの期間を調べていきます。

次のサイトで計算することにします。

楽天証券のページですが、4パターンのシミュレーション方法で計算できます。

早速ですが、資産が5000万円になるまでの積立期間を表にまとめてみました。

必要な積立期間を分かりやすくするため、20年未満20~30年未満30年以上で色分けしています。

積立金額利回り3%利回り4%利回り5%利回り6%利回り7%
1万円86年10ヶ月71年11ヶ月61年10ヶ月54年5ヶ月48年10ヶ月
2万円66年1ヶ月55年11ヶ月48年10ヶ月43年6ヶ月39年4ヶ月
3万円54年10ヶ月47年1ヶ月41年6ヶ月37年4ヶ月34年
4万円47年4ヶ月41年1ヶ月36年7ヶ月33年1ヶ月30年4ヶ月
5万円41年10ヶ月36年9ヶ月32年11ヶ月29年11ヶ月27年6ヶ月
6万円37年7ヶ月33年3ヶ月30年27年5ヶ月25年4ヶ月
7万円34年2ヶ月30年6ヶ月27年8ヶ月25年5ヶ月23年6ヶ月
8万円31年5ヶ月28年2ヶ月25年8ヶ月23年8ヶ月22年
9万円29年1ヶ月26年3ヶ月24年22年2ヶ月20年8ヶ月
10万円27年1ヶ月24年7ヶ月22年7ヶ月20年11ヶ月19年7ヶ月
11万円25年4ヶ月23年1ヶ月21年4ヶ月19年10ヶ月18年7ヶ月
12万円23年10ヶ月21年10ヶ月20年2ヶ月18年10ヶ月17年8ヶ月
13万円22年6ヶ月20年8ヶ月19年2ヶ月17年11ヶ月16年10ヶ月
14万円21年4ヶ月19年8ヶ月18年3ヶ月17年1ヶ月16年2ヶ月
15万円20年3ヶ月18年9ヶ月17年5ヶ月16年5ヶ月15年6ヶ月
16万円19年3ヶ月17年10ヶ月16年9ヶ月15年9ヶ月14年10ヶ月
17万円18年5ヶ月17年1ヶ月16年15年1ヶ月14年4ヶ月
18万円17年7ヶ月16年5ヶ月15年5ヶ月14年7ヶ月13年10ヶ月
19万円16年10ヶ月15年9ヶ月14年10ヶ月14年13年4ヶ月
20万円16年2ヶ月15年2ヶ月14年4ヶ月13年7ヶ月12年11ヶ月

毎月11万円が目安

投資情報_見出し5

一覧表を作ってみましたが、覚えやすいのは6万円積立の「利回り5%で30年」でしょうか。

しかし、FIREを目指すからには20年で資産5000万円に増やしたいところです。

一応Retire Early(早期リタイア)ですからね。

そう考えると、利回り6%では19年10ヶ月で達成できる積立金額11万円が目安となります。

そこを基点にして、少し縦横に見ていきましょう。

多少減らしても問題なさそう

まず、基点から縦に見ていきます。

1つ上がって毎月10万円のところを見ると、期間は20年11ヶ月となっています。

要は、毎月1万円積立を減らしても1年1ヶ月しか変わらないということです。

これをどう考えるかですが、「それなら10万円の積立でもいいかな?」と思う人もいそうですよね。

逆に1日でも早くFIREしようとして毎月12万円積立しても、18年10ヶ月かかります。

こちらの方も差はたった1年です。

毎月1万円余計に投資しても1年しか違わないのであれば、使ってしまいたい気もしますよね?

利回りもそれほど影響しない

次に利回りですが、今度は基点から横に見ていきます。

こちらも思ったほどの差はありませんね。

例えば、積立金額11万円なら利回り3%でも25年4ヶ月で5000万円に達します。

利回りは6%の半分なのに、積立期間は5年6ヶ月しか変わりません。

5年6ヶ月は長いと言う人もいるかもしれませんが、想像していたより差は少ないですね。

倍の40年くらいかかるのかと思っていましたが…。

そうは言っても、利回りが高ければ高いほど期間が短くなるのは間違いありません。

なので、そうなるように毎日祈りましょう。

こればかりは、自分の力ではどうしようもありませんから。

ということで、今回は終わりにします。