【FIRE|早期リタイア】資産5000万円貯めたあとは簡単

投資情報_タイトル

最近では、FIRE(経済的に自立した上で早期リタイア)したいという人も増えてきていると思います。

イヤな会社に行く必要もなくなりますし、自由な時間もたっぷり手に入りますからね。

しかし、FIREするためにはかなりの資産が必要になります。

個人的には最低でも5000万円の資産が必要だと思いますね。

さらに、早期リタイアと言うからには40歳そこそこでリタイアしたいものです。

40歳でFIREするならば、20歳から始めたとしてもたった20年しかありません。

なかなかハードルは高いですが、FIREしたいならチャレンジする価値はあるでしょう。

ということで、今回はFIREするために資産を20年で5000万円にする方法とその後の戦略を考えてみたいと思います。

20年で資産を5000万円にするには?

5000万円で毎月15万円の不労所得

資産を5000万円にする方法の前に、5000万円が毎月いくらの不労所得を生み出すのか計算してみます。

投資の出口戦略(どう取り崩すか)では、よく「4%ルール」という言葉が出てきます。

4%ルールとは、資産運用しながら毎年資産を4%ずつ取り崩していくというルールです。

そうすることで、資産が長持ちしてほとんどの場合なくなりません。

過去の実績では、なくならないどころか逆に増えていくケースが多くなっています。

その4%ルールを使って5000万円を取り崩すなら、毎年200万円取り崩せます。

そこからざっくり税金で10%持っていかれるとすると、手元には180万円残ります。

手元に残った180万円を12ヶ月で割ると、1ヶ月では15万円になります。

結論として、5000万円の資産は毎月15万円の不労所得を生み出してくれるということです。

利回り6%なら毎月11万円の積立

次に、20年で資産を5000万円にするにはどのくらい投資すれば良いのか計算してみます。

楽天証券のシミュレーターを使って計算します。

積立かんたんシミュレーション | 楽天証券

計算してみたところ、毎月11万円積立投資すればOKとの答えが出ました。(利回り6%として計算)

利回り6%というのは、過去20年のインデックス投資では平均的な利回りです。

別に盛っているわけではありません。

もちろん今後もそれが続くとは断言できませんが、続くことを期待しましょう。

毎月11万円を20年間投資し続けると、投資した金額は2640万円になります。

それが複利のパワーで5000万円以上に増えます。

ボーナスで補填してもOK

毎月11万円の投資と聞くと「自分には無理だ」と思うかもしれません。

確かに毎月の給料から11万円投資するのは大変です。

しかし、サラリーマンなら半年に1回のボーナスで帳尻を合わせても誤差の範囲です。

ただし、帳尻合わせが遅れれば遅れるほど複利のパワーが小さくなってしまいます。

なので、リカバリーは早いに越したことはありませんが。

ボーナスで帳尻を合わせても良いなら、決してできない金額ではないと思います。

5000万円貯めた後の戦略

投資情報_見出し2

コツコツ投資を続けて、めでたく20年後に資産が5000万円になったとします。

そうなると、そこからどうするかをもう一度真剣に考えなければいけません。

セミリタイアするのもアリ

まず1つの考え方としては、もう十分頑張ったので4%ルールを使うという方法がありますね。

5000万円の資産があれば、毎月15万円の不労所得が入ってきます。

独身で実家にでも住んでいる人なら、贅沢しなければFIREは可能でしょう。

しかし、家賃を払っていたり結婚して子供がいる人は15万円では厳しいでしょう。

そういう人は、まだ完全にFIREするというわけにはいきません。

今まで通り働くか、セミリタイアして足りない分だけ働いて補填する必要があります。

ただ、毎月15万円の不労所得があればけっこう快適な生活ができそうです。

これはこれで1つの生き方ですね。

さらに資産を増やすのもアリ

もう1つの考え方は、完全リタイアを目指してさらに資産を増やすという方法です。

仮に5000万円の2倍、つまり資産を1億円に増やす場合について考えてみます。

1億円の資産は、4%ルールを使うと毎月30万円の不労所得を生み出してくれます。

これならけっこうな人がFIREできそうですよね。

72の法則で計算

この計算で役に立つのは「72の法則」という法則です。

これは、金利(利回り)から資産が2倍になる年数をざっくり計算できる計算式です。

72 ÷ 金利 ≒ 資産が2倍になる年数

この式に利回り6%を入れて計算すると、12年という結果が出ます。

つまり、利回り6%なら5000万円は12年で1億円になるということです。

金持ちほど楽して儲かる

20年間毎月11万円投資して資産を5000万円にした人は、この結果を見てどう思いますかね?

「あと12年もかかるのか」と思うのか、「あと12年でいいのか」と思うのか…。

しかし、誤解してはいけません。

ここからの12年は1円も投資する必要はなく、ただ5000万円を寝かせておくだけで良いのです。

信じられないかもしれませんが、利回り6%で計算するとそうなります。

  • 貧乏人は、毎月11万円の投資を20年続けてようやく5000万円の資産を手に入れられる
  • 金持ちは、5000万円を12年寝かせておくだけで5000万円の資産を手に入れられる

この世の中は、残念ながら「金持ちほど楽して儲かる」ようにできているのです。

12年寝かせておくだけで5000万円増えるなら、十分選択肢の1つになりますよね。

まとめ

投資情報_見出し3

今回は、FIREするために資産を20年で5000万円にする方法とその後の戦略を考えてみました。

ざっくりまとめると、次のようになります。

  • 20年で資産を5000万円にするには?
    5000万円は毎月15万円の不労所得を生み出す。
    利回り6%なら毎月11万円の積立投資が必要。
  • 5000万円貯めた後の戦略
    セミリタイアするのもアリ。
    我慢して資産をさらに増やすのもアリ。
    12年寝かせておけば資産は1億円になる。

5000万円の資産は、毎月15万円の不労所得を生み出してくれます。

しかし、毎月15万円でFIREできるのは独身で実家暮らしの人くらいでしょう。

家賃を払っていたり結婚して子供がいたりすると、15万円では苦しいと思います。

ただ、5000万円増やすにしても0円を5000万円にするより5000万円を1億円にする方が簡単です。

なので、FIREを目指す人はまず資産5000万円を目指して頑張るのがいいと思います。

それをクリアすれば、あとの選択肢は広がります。

FIREを目指すなら、まずお金に対する教養をしっかり身に付けましょう。

お金の教養講座のWEBセミナー視聴はこちらから↓

ということで、今回は終わりにします。