【FIRE】実家暮らしでFIREするメリット、デメリットについて考えてみる

自分は実家暮らしで一応FIREしていますが、そのメリットとデメリットについて考えてみました。

FIREとは?

最近では、FIREを目指して20代から資産運用を始める人もいるようですね。

早期リタイアのこと

FIREとは、経済的自立とか早期リタイアを意味する言葉です。

略さずに書くと、Financial Independence, Retire Earlyになります。

早期リタイアというのは他人より早く会社を辞めることですが、ただ辞めればいいというわけではありません。

働かなくてもお金に困らないようにしてから辞めることをFIREと言います。

その方法としては、死ぬまでに使い切れないほどのお金を貯めてもいいですし、資産収入が生活費を上回る状態にするのもアリです。

もっとも死ぬまでに使い切れないお金を手に入れるには、それこそ起業して成功させるか宝くじにでも当たらないと難しいでしょう。

なので一般的には資産運用して、その収入で生活することになると思います。

とは言え、生活費を全額賄うほどの資産収入を生み出すには、かなりの投資金額が必要になってきます。

そう考えると、普通の人がFIREするにはかなりのお金が必要になることは間違いないでしょう。

独身で実家暮らしが有利

FIREするための準備資産を少しでも減らすには、生活費を下げるしかありません。

金利だけで生活するということを前提に考えれば、生活費が2倍になれば資産も2倍必要になってしまうからです。

これは一度計算してみましたが、資産を2倍貯めるというのはかなり大変なことです。

自分のざっくり計算では、月1万円生活費を増やすごとに約340万円の資産が必要という結果が出ました。

それなら生活費を下げた方が圧倒的に楽なわけですが、あまりカツカツで生活するのはいくら会社を辞めたとは言えFIREとは違う気もします。

そういう意味で普通に生活していてもあまりお金のかからない人、つまり独身で実家暮らしがFIREしやすいと思います。

実家FIREのメリット

実家FIREには生活費を節約できるというメリットがあります。

家賃がいらない

実家FIREの一番の利点は、家賃がいらないことです。

普通にアパートやマンションを借りると、最低でも月5~6万円ほどはかかるのではないでしょうか。

これを金利で賄おうとすると1700~2000万円くらいの資産に相当しますので、実家に住んでいるだけでこれくらいの準備資産を減らせるということになります。

もちろん実家に住むからと言って、誰でも家賃がタダになるとは限りませんけどね。

そもそも実家が借家やマンションならある程度家賃を負担しなければいけないでしょうし、持ち家でも子どもから家賃を取る親もいます。

そこは交渉次第です。

実家FIREする前に、その点だけは必ず親と話をしておいた方がいいでしょう。

車も共有できる

実家FIREのメリットとして、もうひとつは車も共有できるというのがあります。

車は保有しているだけで、車の購入費、税金、ガソリン代、駐車場代、車検など何かとお金がかかります。

乗る年数とかかる費用を全部まとめて計算すると、どんなに安い車を買っても平均月2万円以上になるのではないでしょうか。

実家FIREではその費用をかなり削れます。

多少は不自由になりますが、車を使いたい時間が被ったとしても自分が我慢すればそれほど気にはなりません。

もちろんお互いが車を使う頻度によっては共用するのが無理な場合もありますけどね。

実家FIREのデメリット

実家FIREにはメリットだけではなく、デメリットも当然あります。

親にニートと思われる

これはおそらく確実にそうなりますね。

親にFIREを理解させるのは大変です。

親はほとんど銀行預金しかしたことがなく、資産運用からかけ離れたところで生活していますからね。

FIREだの4%ルールだの言っても理解できるわけがありませんので、最初から半ばあきらめており会社を辞める時もあまり説明していません。

なので親は、いまだに自分のことをニートだと思っています。

それが後ろめたいのか親戚にもまだ言っていないようですが、生活するのに困らないお金を貯めて辞めたのですからそう言ってくれればいいんですけどね。

むしろFIREしたくてもできない人が多い中、それを実行できたわけで別に偉いとまでは言いませんが後ろめたいことは全くないのですが。

親は自分が貯金を取り崩して生活していると思っていますので、ことある事に「いつ就職するんだ?」と聞いてきます。

そのたびに「今はお金に困っていないからしない」と答えていますが、これが実家FIREの一番うざいところです。

資産運用している親ならFIREを理解してもらえるかもしれませんが、親の世代ではなかなかいないというのが正直なところでしょうね。

こき使われる

これはある程度仕方がないことですが、実家にいるとけっこうこき使われます。

よくあるのは買い物のドライバーですね。

うちの母はチラシを見てバーゲンセールの情報を細かくチェックしていますが、しょっちゅうその買い物に付き合わされます。

それがまあうざいと言えばうざいのですが、ドライブは気分転換にもなりますのでこちらの方はそれほどでもありませんね(笑)

まあ多少うざいところはありますが、老いていく両親と一緒にのんびり生活するのもそんなに悪くはありません。

いつまでもできることではありませんからね。

タイトルとURLをコピーしました