【FIRE】どういうふうに4%ルールを活用すべきか投資の出口戦略を考えてみる

投資の出口戦略を考えていると、自分が何歳まで生きるのか知りたいと思うことがありますよね。

出口戦略は悩ましい

最近は資産形成として投資信託、中でもインデックス投資している方も増えてきているのではないでしょうか。

まあNISA口座開設状況を見てみると、まだまだそれほどではないとも思いますけどね。

30代で10人に1人。年代別のNISA利用率は? | MonJa〈もんじゃ〉お金と暮らしの情報サイト

それはいいとして「では何のために投資しているのか?」と聞くと、おそらくほぼ全ての方が「老後資金のため」「将来のため」などと答えるのではないかと思います。

確かに投資は複利効果を考えると長期保有する方が圧倒的に有利なので、老後や将来のためと言うのは正解だと思います。

しかし実際にそうなった時に、今まで投資で貯め込んだ資産をどういうふうに切り崩していくか(出口戦略)までを考えている方は少ないのではないでしょうか。

4%ルールがありますが…

巷ではよく投資の出口戦略として4%ルールがいいと言われておりますが、これは資産運用しながら毎年資産の4%を切り崩していくという方法です。

そうすることで資産を長持ちさせられる、むしろさらに増やせる可能性も高いというデータもありますよね。

やり方としては、大きく分けて2種類あるようです。

ひとつは最初に毎年切り崩す金額を決めてしまう方法です。

例えば1億円の資産で出口戦略を始めるとすると、4%の400万円を毎年切り崩していきます。

資産はその時の相場によって増える年もあれば減る年もありますが、そういうこととは関係なく毎年400万円を切り崩していきます。

特徴としては毎年の収入は安定しますが、不況の時に資産が減りやすいというデメリットもあります。

もうひとつは毎年の資産から4%を切り崩していく方法です。

例えば1億円あった場合、最初の年は上記と同じように4%の400万円を切り崩します。

しかし2年目以降はその年の資産に4%を掛けて、切り崩す金額を決め直します。

もし2年目の資産が9000万円に減れば360万円しか切り崩さず、逆に1億1000万円に増えれば440万円切り崩せるということです。

特徴としては毎年の収入はやや不安定ですが、不況の時に資産が減りにくいというメリットもあります。

どちらも一長一短ありますので、なかなか悩ましいところではありますよね。

金額は固定しない

ここから個人的な考えになりますが、前者の金額を最初に固定してしまうというのは少し怖いですね。

毎年安定して4%以上の利回りがあれば良いのですが、長年投資していれば分かるようにそんなことは全く期待できません。

暴落が来れば30~50%ほど下がりますし、暴落など来なくても年に10%くらいは普通に下がりますからね。

1億円ある時に400万円切り崩すのはいいとして、次の年に相場が悪くて8000万円に下がったとします。

金額を固定している場合、そこでも平然と400万円切り崩すわけですが個人的にはちょっとやる気になりませんね。

何となくですが、あっという間に資産全部がなくなってしまいそうな気がして怖いですからね。

やはりその時々の資産の4%と決めた方が若干ですけど安心できますよね。

8000万円に下がった年は、320万円しか切り崩さないということになりますから。

もちろんその分収入は減るわけですが、資産がなくなる恐怖よりはこちらの方が精神衛生上ずっとマシです。

毎月切り崩す

個人的にはその時々の資産に応じて4%を切り崩すのが良いと思いますが、普通のやり方だと1月に1年分まとめて切り崩すのでしょうね。(何月でもいいですけど)

そしてとりあえず銀行にでも預金しておいて、1ヶ月に1回ずつ決まった額を引き出して使うことになるのでしょうか。

しかし個人的にそこでやや不満なのは、一時的にでも銀行に預金するということです。

銀行に預金しても0.00…%しか金利が付かないので、全くお金が増えませんからね。

そもそも本当は投資などしたくもないのに、銀行の金利が低すぎるせいで仕方なくしているわけですから。

銀行預金などお金を殺すだけなので、使うギリギリまで投資しておいて1円でも増やしたいというのが本音です。

ではどうすればいいかと言うと、早い話が毎月切り崩せばいいのです。

と言っても毎月年利4%を切り崩していくとあっという間に資産がなくなってしまいますので、それはNGです。

その代わりに、年利4%に相当する月利を切り崩せば良いということになります。

年利4%の月利は次のようになります。

  • 月利 = (1+4/100)^(1/12)-1 = 0.00327374…

これを毎月1回資産に掛けてやれば年利4%のひと月分が簡単に計算できますので、その金額を切り崩していくだけです。

そして次月以降、資産が増えていれば年利4%以上のペースで増えているということになりますし、減っていれば年利4%には届いていないということです。

これまでの実績から見れば、長期的には徐々に増えていく可能性が高いのだろうと思います。(極端なポートフォリオを組んでいる場合を除く)

余った現金はプールする

ここまで投資の出口戦略を考えてきましたが、実際に将来出口戦略する方はおそらく毎月切り崩した金額を使い切るのではなく余らせると思っています。

なぜそう思うかと言うと、これまでの人生でも無駄使いせずに余ったお金を常に投資に回してきたのでしょうからね。

そもそも有り金全部を使い切る習慣のある人は、出口戦略を考えられるほどの資産を溜めるのはなかなか難しいと思います。

話は逸れましたが、もし切り崩したお金が余ったらどうしますか?

そのままプールしておいて次月にまた切り崩せば、前月よりお金に余裕が生まれます。

なので旅行に行って贅沢に美味しいものを食べるということも可能ですが、カシコイ方はそういうことはやらないでしょうね。

おそらくプールした分を差し引いて切り崩すのでしょうね。

そうなると切り崩す金額が少なくなるのでお金がどんどん増えていき、結果的にお金持ちはさらにお金持ちになるのだろうと思います。

タイトルとURLをコピーしました