【投資初心者】楽ラップ⇒インデックス投資⇒NISAの順で始めるのがいいと思う

投資初心者が投資を始める順番について考えてみました。(楽天証券限定)

まずは楽ラップから

楽ラップは楽天証券が運用しているロボアド(ロボットアドバイザー)です。

お金を入れるだけで、あとはロボットが勝手に資産運用してくれるというサービスです。

ポートフォリオもお任せ

投資で一番難しいのは、ポートフォリオ作成でしょう。

ポートフォリオというのはどの資産をどのくらいずつ持つか決めることですが、投資に慣れてきたとしても悩ましいところです。

何しろこれからどの資産が上がってどの資産が下がるのか分からないのですから、悩み続けても答えは出ません。

答えが分からないから誰か信用できる人の真似をしたり何らかの根拠を持って自分を納得させるしかないのですが、少し調子が悪くなるとすぐブレそうになります。

しかし楽ラップなら開始時に16項目くらいの質問に答えるだけで、その人に最適と思われるポートフォリオを提案してくれます。

楽ラップ – 楽天証券のラップサービス

この一番悩ましいところをロボットに任せられるので、投資初心者の入り口としては最適ではないかと思います。

お金を入れるだけ

運用コースを決めた後は、お金を投入するだけです。

まとまった資金があるなら一括でもいいですし、毎月定額を投資したいなら積立設定もできます。

初期資金も積立も1万円以上1円単位となっていますので、投資に慣れていない人でも少額からスタートできます。

あとは全部やってくれる

お金を入れた後は、楽ラップが勝手に資産運用してくれます。

投資商品の購入、リバランス、ポートフォリオの見直しなど放っておいても全てやってくれます。

楽ラップの運用 | 楽ラップ | 楽天証券

つまり、自分でやっていると面倒なことを全部楽ラップがやってくれるというわけです。

もちろんロボアドの手数料が余計にかかりますが、投資初心者がいきなり変なファンドに手を出すよりはよっぽどマシな資産運用が期待できるはずです。

手数料 | 楽ラップ | 楽天証券

次はインデックス投資

楽ラップの運用を見て投資に興味が湧いてきたら、自分でインデックス投資を始めてみましょう。

自分で投資するのは面倒くさい、全て楽ラップにお任せと言う人はやらなくてもかまいません。

自分でポートフォリオを作る

自分でインデックス投資を始めるとなると、まず決めなければいけないのがポートフォリオです。

ポートフォリオ作成についてはいろいろな考え方がありますのでここでは触れませんが、楽ラップで投資に興味を持ったならマンスリーレポートもチェックしていると思います。

そこには楽ラップのポートフォリオが詳しく記載されていますので、それを参考にするのもアリでしょう。

ただどんなポートフォリオを組むにしろ、選ぶファンドには注意が必要です。

できるだけ純資産額が大きく、コストの低いファンドを選んでおいた方がいいでしょう。

純資産額が大きいファンドは償還のリスクが少なく、コストの低いファンドほどパフォーマンスが良くなる可能性が高いからです。

下記サイトにインデックスファンドのコストと純資産額の一覧がありますので、参考にすると良いでしょう。

【2021年 最新版】「インデックスファンド」コスト比較ランキング!信託報酬・実質コストがもっとも安いファンドは?|投資信託おすすめ比較[2021年]|ザイ・オンライン

あとは積立しておけばOK

ポートフォリオが決まったら、あとはインデックス投資を始めるだけです。

一括でも積立でもいいので、楽ラップと同じように購入していきます。

数年経ってポートフォリオが崩れてきたら、適宜リバランスが必要になります。

楽ラップは放置でも解約でも

インデックス投資を自分で始めたなら、楽ラップへの投資はやめてもかまいません。

放置でも減額でも解約でも好きな方法を選べば良いでしょう。

引き続き楽ラップへの投資を続けてもいいですが、ロボアドの手数料が余計にかかってしまいますのでおそらくバカらしくなってくるのではないでしょうか?

自分でインデックス投資を始めたなら、そちらに投資した方が手数料を安く抑えられますからね。

慣れてきたらNISAへ

インデックス投資を始めたばかりの頃は失敗もすると思いますが、続けているうちにそのうち慣れてきます。

慣れてきたら、NISAも始めてみましょう。

NISAは投資後何年間か非課税期間がありますので、売却して利益が出た場合は特定口座でのインデックス投資よりお得です。

楽ラップ⇒NISAという手順や最初からNISAという手順もありますが、いずれにしろ投資に慣れていない人がいきなりNISAを始めるのはなかなか敷居が高いと思います。

それにNISAの場合は一度購入してしまうと売却しても投資枠が復活しませんからね。

なるべく失敗は避けたいところです。

一般NISAとつみたてNISA

NISAには一般NISAとつみたてNISAがあります。(ジュニアNISAは割愛します)

主な相違点としては、1年で投資できる金額や非課税期間が異なります。

NISA(ニーサ):少額投資非課税制度 | 楽天証券

どちらを選ぶかは人それぞれですが、個人的には年間120万円投資できる人は一般NISA、そうでない人はつみたてNISAでいいのではないかと思います。

投資は基本的に早く多くが理想ですからね。

ただ新NISAと言う制度が2024年から始まるようで、一般NISAを選んだ人は強制的にそちらの方へ移行することになります。

新NISAは2階建て構造になったりしてややこしくなっていますので、移行する前にじっくり勉強した方が良さそうです。

NISAメインで

NISAを始めるにはNISA口座の開設が必要ですが、作った後はNISAメインの投資で良いと思います。

先ほども書いたようにNISAには非課税期間がありますので、特定口座より優先順位を高くすべきです。

投資の順番としては、NISA⇒特定口座の順ですね。

ただ複利効果を狙ってガチホ(長期保有)する場合は、非課税期間が終われば特定口座に移管されますので結局のところ同じですけどね。

iDeCoもアリかも

もうひとつ、節税したいならiDeCoを始めるという方法もあります。

iDeCoとは個人型確定拠出年金のことで3つの節税メリットがあるようですが、自分はやっていないのであまり詳しくありません。

3つの節税メリット | 個人型確定拠出年金(iDeCo) | 楽天証券

ただ原則60歳まで引き出せないなどのデメリットもありますので、やるかやらないかは個人の考え方次第です。

タイトルとURLをコピーしました