【ランドセルの岐阜横山鞄・カザマランドセル】どちらが好み?

ショッピングモール_タイトル

ランドセルは6年使うものですので、子供にはいいものを使わせたいですよね。

良いランドセルを背負わせたい

ほとんどの方が小学生の時にランドセルを使っていたと思います。

6年間ほとんど毎日のように背負っていましたので、思い入れのある方も多いのではないでしょうか?

個人的には良い思い出とイヤな思い出が混在している感じですけどね。

しかし、ランドセルはまだ捨てられず押し入れの中に残してあります。

おそらく死ぬまで捨てないと思いますね。

ただ思ったよりかさばりますので、ミニチュアに加工するサービスもあるようですね。

ランドセルの一部を切り出して作るそうです。

そこまでするかどうかは別として、やはり6年間使うものですからね。

自分に子供がいたら、それなりのものを持たせてやりたいとは思います。

安っぽいランドセルを持たせて、もしいじめられでもしたら後悔しますからね。

とは言え自分自身は誰が買ってくれたとかそういうことは、当時全く知りませんでしたけどね。

今でも知りませんけど、おそらくごく普通のものだと思います。

もしかしたらおじいちゃんかおばあちゃんが買ってくれたかもしれませんが、親に聞いても覚えていませんでしたので真相は不明です。

ところで、最近のランドセルはどのくらいの値段がするのでしょうか?

少し調べてみましたけど、けっこうピンキリなんですね。

安いものは1万円くらいから、高いものでは7万円とか8万円とかまでいろいろあります。

色も昔は男子は黒で女子は赤と決まっていましたが、最近はけっこうカラフルです。

茶色っぽいものやエメラルドグリーンのような色まであるんですね。

ランドセルの岐阜横山鞄

前置きが長くなりましたが、ここからは良いランドセルを作っている会社を紹介します。

ランドセルの岐阜横山鞄は、機能性を重視した手作りのランドセルを作っている会社です。

手作りながら、機能的で軽くて丈夫なランドセルを作り続けています。

もうかれこれ30年以上もランドセルを改良し続けてきたそうです。

そんな横山鞄は、軽くて6年間壊れない丈夫なランドセルを作ることに自信を持っています。

ただ、そうは言っても子供はヤンチャですからね。

たまには壊してしまうこともあるでしょう。

しかし横山鞄では、6年間の修理保証が付いています。

なので、子供が多少手荒に扱って壊れてしまっても安心です。

横山鞄が特にこだわっていることは、次の6点です。

  1. 背負い心地
    従来式のように後ろに引っ張られて重く感じる状態を軽減する工夫をしています。
  2. S字湾曲ベルト
    幅広の背負いベルトを内側に大きく湾曲することにより、低学年の小さな身体をやさしく包みこむようにフィット。
  3. 大容量
    通常より1cm大きくすることにより、A4フラットファイルもすっきり収納することができるように。
  4. 安全
    給食袋などがすれ違った自転車に引っかかった時、ナスカンが外れるようになっています。
  5. 防水
    ランドセル表面の防水は当然ですが、内張りがツルツルのフィルムタイプになっており安心です。
  6. 丈夫
    牛革・人工皮革とも大マチ全体をカバーするフルフレーム仕様なので型崩れに強くなっています。

また、横山鞄ではランドセルのカタログも無料で送ってくれます。

欲しい方は、気軽に請求してください。

Newモデルもバッチリ載っています。

Newモデル

ランドセルの岐阜横山鞄では、常に新しいモデルのランドセルも開発しています。

ホームページでも、すでに2023年度のNewモデルが紹介されています。

2023年度は男子が牛革と人工皮革の4種類、女子が人工皮革の4種類です。

全部で8種類のモデルが新登場します。

それぞれのラインナップには色違いも用意されていますので、かなりのバリエーションになっています。

値段は5万8000円(税込)から6万9000円と、ランドセルでは高級品の部類に入りそうなお値段です。

カザマランドセル

ショッピングモール_見出し3

もう1つ、横山鞄に対抗するのはカザマランドセルです。

こちらの方も職人による手作りをしています。

横山鞄との違いとしては、ランドセルにクラリーノという生地を使用しています。

  • クラリーノ
    人工皮革。天然皮革に比べ軽量で撥水性に優れているため、ランドセル用素材に適しています。
    生地が柔らかいので肩ベルトに使用すると、体に馴染みやすくなります。
    革表面をウレタンコートしているので発色も良く水にも強いので、雨に濡れても安心でお手入れが簡単。

いろいろ試行錯誤を重ねた末に、クラリーノがランドセルに最適であるとの結論に至ったそうです。

人工皮革ですが、天然皮革の方が良いとは一概には言えませんからね。

ここは少し悩むところです。

カザマランドセルが特にこだわっていることは、次の6点です。

  1. 軽さ、フィット感
    独自設計による背カンは特許を取得しています。
  2. 肩ベルト
    適度にカーブを付けた立体肩ベルトで、フィット感と強度を併せ持っています。
  3. 蒸れ防止
    背板と肩ベルトには表面に小さな穴を数多く設けた特殊な人工皮革素材を使用しています。
  4. ゆったりサイズ
    23cm幅のA4フラットファイルがスッポリと納まります。
  5. 持ち手・フック
    持ち運びやランドセルの引っ掛けに、大変便利なアイテムです。
  6. オートロック
    金具を押すだけでオートロックがかかります。

その他にもこだわっている部分はたくさんあります。

また、カザマランドセルでもランドセルのカタログは無料で送ってくれます。

欲しい方は、気軽に請求してください。

横山鞄と両方取り寄せて、ゆっくり比較検討するのもいいですよね。

どちらも同じような価格帯ですが、あなたならどちらを選びますか?

相当迷いそうですけどね。

ということで、今回は終わりにします。