【ファミコン】印象に残っているゲームを発売日順に振り返る②

玩具_タイトル

前回からの続きです。

ゴルフ

1984年5月1日に任天堂から発売。

これもファミコン初期のゲームですが、既にゴルフゲームとしてほぼ完成していますよね。

ずっと後になってから「みんなのGOLF」なんかもやりましたけど、ショットの打ち方(打球の強さを決めてから曲げる方向を決める)とか同じですからね。

ゲーム自体は非常にシンプルで、コースも1種類しかありません。

しかしプレイするたびに風向きが毎回変わりますので、攻め方が微妙に変わります。

ちなみにグリーンの芝目は毎回同じです。

それほどやり込んだわけではありませんが、良い時はアンダーパーで回れたと思います。

今はおそらく無理でしょうけどね。

計算通りにロングパットを沈めた時が一番気持ちいいですよね。

効果音は「ピーピーピー」しかありませんでしたが、良いプレイをした時(バーディーとかイーグル)は音が高くなります。

逆にOBとかボギーの時は沈んだ「ピーピーピー」で、プレイの良し悪しをよく表してくれます。

音だけであれほど表現できるのは何気にスゴイと思います。

ファミリーベーシック

1984年6月21日に任天堂から発売。

価格は当時で1万4800円となっており、ファミコン本体と同じ価格です。

「こんなの誰が買ったんだ?」と思うかもしれませんが、なんと累計で約40万台売れたとのことです。

なぜかうちの親も買ってくれました。

内容は次のようになっていました。

  • カリキュレータボード(計算機)
  • メッセージボード
  • ミュージックボード
  • プログラミング
  • 占い

親からしたら「プログラミングでも勉強しろ」ということだったのかもしれませんが、一番たくさん遊んだのは占いでしたね。

生年月日と占いたい日を入力すると「今日は生まれて何日目ですね」と教えてくれて、その日の運勢を占ってくれます。

100年後を占うと「もう死んでいます」とか言われたような気がします。

それ以外で記憶に残っているのは、やはりプログラミングですね。

プログラミングと言っても、本に書かれているものをそのまま打ち込んでいただけですけど。

何百行も苦労して打ち込むと、ハエを撃つゲームなどが作れました。

しかし入力ミスしたり正しく入力してもゲームがショボかったりで、とにかく費用対効果が悪過ぎでした…。

作ったゲームは一応カセットテープに保存しておいたのですが、もうどこかへ行っちゃいましたね。

探せば家のどこかにあるのかもしれませんが、見つかってもカセットデッキがありません…。

ドンキーコング3

1984年7月4日に任天堂から発売。

自分は持っていませんでしたが、それほど仲の良くなかった友人が持っていましたね。

なのでそれほどやり込んだわけではありませんが、最初にやった時は音楽がコミカルで面白そうなゲームだと思いました。

やられた時の音楽は不気味でしたけど。

ドンキーコングの動きもなかなかコミカルで、ハチの巣を叩いたりハチの巣に頭を突っ込んだりするのが面白かったですね。

あとスプレーをドンキーコングの尻に噴射するという意味不明な攻撃方法も斬新でした。

ただどの面も似たような構成でやることも一緒なので、ハッキリ言って単調ですぐ飽きました。

任天堂のゲームとしては、どうも奥深さが足りないような気がします。

やり込めば面白くなってくるのかもしれませんが…。

ロードランナー

1984年7月20日にハドソンから発売。

任天堂以外のメーカーから発売された、記念すべき最初のカセットです。

同じ日に、これまたハドソンの「ナッツ&ミルク」も発売されています。

ナッツ&ミルクもけっこう好きでしたけどね。

やられそうになったらセレクトボタンを押して、面飛ばしをしていました。

登場キャラも可愛いかったですよね。

それはいいとして、話をロードランナーに戻します。

ゲーム内容は、マップ上に散らばっている金塊を全部集めて脱出するというものです。

一見アクションゲームのように見えますが、実はパズルゲームです。

敵はロボットで、機械的な動きでプレイヤーを追いかけてきます。

プレイヤーはジャンプができないため、ロボットが来た場合は次のように対応します。

  • 逃げる
  • 地面を掘って落とし穴に落とす

落とし穴に落ちたロボットは一定時間経つと出てきますが、先に地面が復旧して埋まる場合もあります。

埋まったロボットは生まれ変わります。

そんな感じのゲームですがそれほどパズル性はないため、適当にやってもクリアできたような気がします。

そうは言ってもクリアできるまで何十回もやり直したため、今でもBGMは頭に残っていますけどね。

一応全50面をクリアしましたが、もう1回クリアしたいとは全く思いませんね。

デビルワールド

1984年10月5日に任天堂から発売。

デビルがランダムで画面のスクロール方向を決めるという、なかなか画期的なゲームでした。

急に画面のスクロール方向が変わってやられることもありますので、常にデビルの動きを見ておかなければいけません。

1面はパックマンのような面で、いわゆるドットイートです。

2面は画面の端にある4つのバイブルを、真ん中の穴に突っ込めばクリアできます。

3面はボーナスステージで6個の宝箱がありますが、画面はスクロールしています。

6個のうち、どれか1つだけ1UPが入っています。

2人用でプレイしていた場合は取り合いになること必至です。

敵キャラは次の3種類です。

  • ピンクの目玉「メダマン」
  • 小さいデビル「ミニデビル」
  • ラウンド7になると登場する赤い目玉「ボンボン」

メダマンとボンボンは炎で目玉焼きにできますが、ミニデビルは方向転換するだけで目玉焼きにはなりません。

ラウンドが進むにつれて画面のスクロールが早くなっていき、なかなか難しくなります。

ボンボンが登場する面まで進めれば、まあまあ上手いと言えるのではないでしょうか?

2人用は同時プレイなので、協力すれば1人でやるよりサクサク進めます。

しかし自分の炎が間違って相手に当たると、相手は少しの間けいれんして動けなくなります。

もしそれが理由で敵にやられたりしようものなら、次の瞬間から殺し合いになること間違いなしです。

ということで、今回は終わりにします。

タイトルとURLをコピーしました