【ファミコン】印象に残っているゲームを発売日順に振り返る⑤

玩具_タイトル

ファミコン中期には微妙なタイトルもけっこう多かったような気もします。

チャレンジャー

チャレンジャーは1985年10月15日にハドソンから発売。

大きなマップのアクションゲームですが、大きく分けて4面構成になっております。

ゲームの目的は、チャレンジャーを操作してドン・ワルドラドが連れ去ったロスマリー国の王女マリアを助けることです。

まあそんなことはどうでもいいのですが、ゲーム全体の出来としてはかなり微妙ですね…。

まず1面ですが、チャレンジャーが走っている電車の先頭車両の屋根に飛び乗るところから始まります。

このシーンはなかなかよくできていますので、ひょっとしたらこれから面白いゲームが始まるんじゃないかという淡い期待を持たせますね。

ちなみに電車の名前は「特急列車メタモルフォセス号」です、まあどうでもいいですけど。

ネタバレしてしまえば、このシーンがこのゲーム最大にして最後のウリかもしれません。

このゲームを紹介する時は、だいたいこの画面が使われますからね。

というわけでゲーム開始わずか5秒ほどでこのゲーム1番の見どころが終わってしまうわけですが、1面はごく普通の横スクロールアクションとなっており、面白さは普通です。

ドンのところにたどり着くと切り離された列車から追い出され、ゲームは次の面へ続きます。

次の面は先ほどから一転して広いフィールドマップになっており、そこでアイテムを取りながらドンを倒しに行きます。

しかし難易度はけっこう高く、特に敵の火の玉が強すぎです。

火の玉は特殊アイテムを出さなければ倒せませんが、そのためには雑魚4匹を連続で倒さなければいけません。

しかしいつも肝心な時に雑魚が出てこないため、火の玉から逃げつつ雑魚を探してさまようという、よく分からない状態になってしまいます。

あと特に覚えているのは点数配分が非常に雑だということですね。

雑魚1匹倒して200点しかもらえないのに、噴水を早く渡るだけでボーナスとして10万点もらえたりします。

まあこのゲーム自体が点数で勝負するゲームではないのでしょうけど、ガキの頃はとりあえず点数があるゲームは全て異常に点数にこだわりますからね、これでクソゲーだと思いました。

と言った感じでひと言で言えばイマイチなゲームということになりますが、1つだけ褒めるとすれば電車の面と噴水の面の音楽だけはなかなか良い出来です。

スカイデストロイヤー

スカイデストロイヤーは1985年11月14日にタイトーから発売。

ゼロ戦に乗って海上を突き進み、たった1機で敵の海上要塞を破壊しに行くというゲームです。

敵は空では戦闘機や爆撃機、海には戦艦、潜水艦などが現れます。

ゲームはまず昼間の時間帯から始まり、時間が経つと夕方、夜へと変化していきます。(背景の色が変化する)

そして朝になると敵の海上要塞が現れますので、そいつを魚雷で撃墜すればクリアになります。

まあそれほど面白いゲームというわけではありませんが、それなりにハマった記憶があります。

画面も当時にしてはキレイでしたからね、さらに視点が自機の後方からになっていますので一応空を飛んでいるという気分を味わえます。

ゼロ戦は通常速度250キロほどで飛んでいるらしいですが、海上では敵の戦艦が自機に近寄って攻撃してきたり逆に逃げていったりしています。

逃げる時はけっこうなスピードで前方に消えていきますのでゆうに300キロは越していると思うのですが、それって一体…。

まあ別にどうでもいいんですけどね。

パックランド

パックランドは1985年11月21日にナムコから発売。

ナムコの人気キャラであるパックマンを操作して、町や森などの面をクリアしてフェアリーを助ける横スクロールアクションゲームです。

もちろんパックマンで出てくるモンスターたち(オレンジ・ピンク・ブルー・レッド)が、敵として登場します。

このゲーム一番の特徴は、他の一般的な横スクロールゲームとは操作方法が違うことです。

十字ボタンでジャンプ、Bボタンで左移動、Aボタンで右移動という、いつもと逆の操作感になっています。

なぜこういうふうにしたのかは知りませんが、慣れるまではけっこう大変でしたね。

モンスターたちは場所によってホッピングで跳ねてきたり、飛行機を操縦してきたり、UFOに乗ってきたりとなかなか多彩な攻撃方法を見せてくれます。

モンスターの出現パターンはだいたい決まっており、ある意味覚えゲーの要素もあります。

ジャンプアクションなどもあり難易度は全体的に高めでしたが、中でも14面と15面は激ムズでしたね。

そこをクリアすれば、ラストの16面ではモンスターが花を降らせて祝福してくれるんですけどね、そこまでなかなかたどり着けませんでした。

個人的にはけっこう好きでよくプレイしていましたが、運が悪いことに2ヶ月前にファミコン史上一番のゲームが発売されているんですよね。(スーパーマリオ)

アーケード版は先に出ていたようですが、ファミコンでは後になってしまい完全に割を食ってしまいましたね。

当時はみんなスーパーマリオに一生懸命で、パックランドの方はあまり人気なかったですからね。

確かに面数(パックランド16に対してスーパーマリオ32)、操作性、アクション性などはスーパーマリオの方が勝っています。

パックランドも決してクソゲーではないんですけどね。

まあ相手が悪かったということです。

ということで、今回は終わりにします。