【ファミコン】かつてハマったゲーム達(ゼビウス・マッピー・バルーンファイト)

前回からの続きです。

ゼビウス

1984年11月8日にナムコから発売。

いわゆる画面が上に向かってスクロールする縦シューティングゲームで、敵は空中と地上に現れます。

一応「アンドアジェネシス」という要塞は出てきますが、ラスボスなどは特に存在せず終わりはありません。

なので16面が終わってもループして、ゲームオーバーまでひたすら周回し続けます。

ちなみに自機は「ソルバルウ」といい、「ガル」はゼビウスの世界ではデカいという意味だということくらい知っていなければゼビウスファンとは言えません。

しかしリアルタイム世代としては、このゲームを最初に見たときはビビりましたね。

それまでシューティングと言えばインベーダーかギャラクシアンと相場が決まっていたのですが、いきなり画面が縦スクロールしていましたからね。

しかも森はあるわ、平野はあるわ、道はあるわ、海はあるわ、全てに衝撃を受けました。

それだけでも十分過ぎるほどビビるのですが、さらに敵も次々現れて、空でも陸でも自由自在に動き回っていましたからね。

そういうわけで当時めちゃくちゃハマりまくりましたが、腕前の方は何回か1周したくらいだったと思いますね。

今でも第1の要塞くらいまではたどり着けると思いますが、それ以上はおそらく無理ですね。

そう言えば地上には「ソル」が隠れており、姿は見えませんが照準には反応しましたね。

一度命中させるとその姿を現し、もう一度命中させると破壊できます。

それぞれ2000点もらえますので、ガキの頃は血眼になって探していたのを思い出します。

それにしても、ファミコン版にはナスカの地上絵がないのが残念でした…。

マッピー

1984年11月14日にナムコから発売。

ゼビウスからわずか6日後の発売だったとは知りませんでした。

しかしこの頃のナムコは神懸っていましたね、あのパックマンも11月2日に発売しています。

まあファミコン版のパックマンは、ゲーセンで輝いていたあのギラギラした色が失われていたのが残念でしたが…。

少し話は逸れましたが、ファミコン版のマッピーはけっこう面白かったですね。

あとでゲーセンでもプレイしてみましたが、移植度は遜色ないくらいだと思いました。

このゲームはマッピーというネズミの警察官を操作して、ニャームコとミューキーズが盗んだ品物を回収していくというものです。

フロア移動にはトランポリンを使いますが、トランポリンの耐久性は連続3回までで4回目は穴が開いて落ちる仕様です。

盗品はラジカセ、テレビ、マイコン、モナリザの絵、金庫となっており、ひとつのマップにはそれぞれ2つずつ置いてあります。

しかしただ取っていくのではなく、点数の低い品物から順に取っていくのが大量点獲得のポイントです。

ラジカセ100点⇒ラジカセ100点×2⇒テレビ200点⇒テレビ200点×3⇒マイコン300点⇒マイコン300点×4⇒モナリザの絵400点⇒モナリザの絵400点×5⇒金庫500点⇒金庫500点×6というふうに取れば、最大8500点取れます。

さらにニャームコは通るたびに一定時間品物に隠れますが、その時に取ればプラス1000点になります。

昔はある程度パターンを覚えていましたので、順番通り回収しながら20面近くは行けたと思います。

今は無理だと思いますが…。

そう言えばこのゲームは、ゲーム内容も素晴らしいですが音楽も素晴らしいですね。

あのドラクエで有名なすぎやまこういち先生が、ゲーセンで最初に音楽がいいと思ったゲームだったくらいですからね。

今思い出しましたが、ボーナスステージは音楽が終わるまでに風船を全部割らなければいけません。

しかし全部自分で割ろうとするとギリギリ間に合いませんので、最後の列の風船はニャームコに割らせるのがコツです。

バルーンファイト

1985年1月22日に任天堂から発売。

同時期に発売された「アイスクライマー」とセットでテレビCMが流れていたのを今でも思い出しますね。

個人的にはバルーンファイト推しだったのですが、なぜか最初に買ってもらったのはアイスクライマーの方でした…。

理由はもう忘れましたけどね。

ゲーム内容は、簡単に言ってしまえばマリオブラザーズの空バージョンと言った感じです。

風船二つを付けて飛び回り、同じく風船を付けた敵の風船を割って海に落とすというもの。

敵は風船を割るとパラシュートでゆっくり落下しますので、そこでもう一度パラシュートを割ると海に落とせます。

敵を倒すと海からコイン代わりにシャボン玉が出てきますので、割ると得点がもらえます。

敵はパラシュートを付けた状態で陸に降りると、しばらく待機した後にまた風船を膨らませて復活してしまいますので、素早く蹴り落としてしまうのがポイントです。

敵は白っぽいのと緑色っぽいのがいて、緑色の方が動きが早くて強かった記憶があります。

海には腹を空かせたナマズが住んでおり、海面近くにいると敵味方関係なく丸飲みされてしまいますのであまり低空飛行はしない方が賢明です。

あと時間がかかり過ぎるとファイアボール代わりに雷雲が雷を放出して、プレイヤーを妨害します。

当然二人同時プレイも可能ですが、最初は協力プレイを約束していても誤ってどちらかの風船を割ったが最期、敵そっちのけで殺し合いになること間違いなしです。

個人的にはナマズに食われた時の音楽と、障害物を避けながら延々風船を割りまくるストイックなCモードが好きだったりします。

タイトルとURLをコピーしました