【ファミコン】印象に残っているゲームを発売日順に振り返る④

玩具_タイトル

前回からの続きです。

アイスクライマー

1985年1月30日に任天堂から発売。

バルーンファイトとほぼ同時期の発売でしたが、我が家ではなぜかこちらの方を買いました。

ゲーム内容は、主人公(ポポとナナ)が32種類の山を登り尽くす登山アクションゲームです。

山は段構成になっており、ハンマーで上部の床に穴を開けたり雲に乗ったりしながら上に登っていきます。

敵は床を這い回るオットセイ、空中を飛び回るニットピッカー、上空から降ってくるつららなどです。

なかなか上に登れずにいると、グラサンにピンクのパンツ姿のホワイトベアが現れます。

ホワイトベアは床を1段下げてしまいますので、1番下にいると即死してしまいます。

9段目まで登ればその山はクリアとなり、ボーナスステージが始まります。

ボーナスステージでは野菜を取りながら山頂まで登り、ジャンプしてコンドルに掴まればボーナス得点がもらえます。

とまあこんな感じのゲームですが、面白さはそこそこで名作とまでは言えないと思います。

難易度は結構高く、8面を超えた辺りからかなり難しくなります。

個人的にはわざと時間をかけて、ホワイトベアを出現させるのが好きでしたね。

ハンマーで殴ると「オットット」とよろけて帰っていく姿が良かったですね。

チャンピオンシップロードランナー

1985年4月17日にハドソンから発売。

以前に発売されたロードランナーの続編ですが、名前の通りめちゃくちゃ難しくなっております。

音楽や出てくるキャラクターは前作と全く同じですが、ステージ構成がパズル要素満載になっています。

1面の最初から、落ちてくるロボットの頭に乗ってハシゴに移動しなければいけないほどの難しさです。

前作では適当にプレイしていてもクリアできましたが、今作では考えながらプレイしなければすぐにやられてしまいます。

個人的には1面の難しさを見て、最初から攻略本を見ながらクリアしました。

それでもけっこう大変だった記憶がありますね。

個人的には二度とやる気にはなりませんが、パズルゲームが好きな人ならハマるかもしれません。

スパルタンX

1985年6月21日に任天堂から発売。

主人公トーマスを操作して、ミスターXに奪われた恋人のシルビアを助けに行くゲームです。

ジャッキーチェン主演の映画を題材にしたそうですが、そちらの方は知りません。

ミスターXの館は5階建てになっており、各階のボスキャラを倒して端に到達すると階段が現れます。

1階で登場する雑魚キャラは「つかみ男」と「ナイフ投げ」です。

ボスは「棒術使い」ですが、飛び蹴りしながら懐に入ってからのパンチ連打で簡単に倒せます。

2階の最初は「蛇」と「龍」と「くす玉」のトラップです。

落下してくるパターンさえ覚えてしまえばノーミスで通過できるでしょう。

トラップ終了後はつかみ男とナイフ投げが現れますが、すぐにボスまでたどり着けます。

ボスは「ブーメラン使い」ですが、強さはナイフ投げと大差ありませんので苦戦はしないと思います。

ナイフ投げと同じく懐に入ってぶっ倒しましょう。

3階の雑魚キャラはつかみ男とナイフ投げに加えて「トムトム」が出てきます。

トムトムは小さいので、しゃがみ攻撃でなければ倒せないのが若干面倒くさいところです。

たまにジャンプして頭を狙ってくることもあります。

ボスは「怪力男」で攻撃の破壊力は抜群ですが、いかんせん単発攻撃です。

飛び蹴りで懐に入ってからのパンチ連打で何とか倒せるでしょう。

4階の最初は「毒蛾」のトラップですが、2階同様パターンを覚えておけばノーミスで通過できます。

ボスは「妖術使い」ですが、何をしてくるのか全く予想できません。

蛇、龍、毒蛾をランダムで投げてきたり、分身して挟み撃ちしてきたりします。

さらに頭への攻撃は全く効きませんので、ジャンプキックしながら懐に飛び込んでからのしゃがみパンチ連打しか倒す方法はありません。

5階の雑魚キャラは3面と同様です。

ボスは当然「ミスターX」です。

まともにやると相当強いので、さすがラスボスと言った感じです。

しかし簡単に倒したいなら、足払いを連打しているだけで勝てます。

ミスターXを倒すとめでたくハッピーエンドとなりますが、またすぐにシルビアは奪われ1階からのスタートになります。

ちなみに1周目では、ボスキャラが登場すると雑魚キャラは引っ込んでくれます。

しかし2周目以降はボスキャラが登場しても雑魚キャラは逃げてくれなくなり、挟み撃ちに合います。

しかしミスターX戦だけは何周目でも雑魚キャラが引っ込んでくれ、タイマン勝負させてくれます。

なので1周目はともかく、2周目以降はミスターXが一番倒しやすいという悲しい仕様になっております。

ドルアーガの塔

ドルアーガの塔

1985年8月6日にナムコから発売。

主人公ギルがドルアーガにさらわれたカイを助けに行く超名作アクションRPGです。

このゲームも最初に知った時は驚きましたね。

60階という、それまでのゲームではあり得ないほどの長丁場にまずビックリしました。

そして宝箱の出現方法が1階ごとに異なるのにもビックリしました。

攻略本を見ながら一生懸命プレイしていたのを今でも思い出します。

1番難しかったのは、宝箱を出すのにマジシャンを順番に倒さなければいけない面でしたね。

ナイトを順番に倒す面も難しかったかも…。

当然ドルアーガが出てくる59階もめちゃくちゃ難しいですが。

ドルアーガの塔については詳細記事を書いていますので、そちらをご覧ください。

ということで、今回は終わりにします。

タイトルとURLをコピーしました