【インデックス投資】楽ラップを参考にポートフォリオを作る方法

投資情報_タイトル

個人的にポートフォリオは楽ラップの「かなり積極型」を参考にしています。

2ヶ月遅れにはなりますが…

投資_見出し1

インデックス投資している人でもポートフォリオ作成ができない、または苦手という人もいると思います。

というか、得意な人はほとんどいないのではないでしょうか?

自分も苦手ですからね。

そういう人でも、楽天証券の楽ラップと同じようなポートフォリオを組むことは可能です。

楽ラップを知らないという方は、先に下記の記事を読んでください。

簡単に説明しておくと、楽ラップはいわゆるロボアド(ロボットアドバイザー)です。

ロボアドとは、ロボットが資産運用してくれるサービスのことですね。

楽ラップでは、ありがたいことにポートフォリオを公開してくれています。

どこに書かれているかと言うと、楽ラップが毎月リリースするマンスリーレポートに書かれています。

ただしリリースは次月の中旬以降になりますので、確認できるのは約2ヶ月後になってしまいますが。

それでもいいのなら、楽ラップのポートフォリオを参考にするのは全然アリです。

具体的な手順

投資情報_見出し2

それでは楽ラップを参考にしてポートフォリオを作っていく方法を書いていきます。

まとめると、次のような手順になります。

  1. 参考にする運用コースを決める
  2. アセットアロケーションの確認
  3. ポートフォリオの作成

参考にする運用コースを決める

まず知っておいてほしいことは、楽ラップには5つの運用コースがあるということです。

DRC機能を入れると9つになりますが、今回DRC機能は無視します。

ちなみにDRC機能とは、下落ショック軽減機能というものです。

株価が急落した時に株を売って債券を買う機能ですが、ポートフォリオには直接関係しません。

なので、今回はDRCなしの運用コースだけを使います。

  1. 保守型
    とにかく「慎重派」だという方のための運用コース。
    5年間騰落率:20.97%
  2. やや保守型
    基本は慎重だけど、攻めの姿勢も忘れない方のための運用コース。
    5年間騰落率:29.44%
  3. やや積極型
    資産の保全を図りつつ、攻めたい方のための運用コース。
    5年間騰落率:37.98%
  4. 積極型
    リスクをある程度見込んで収益性を追求したい方のための運用コース。
    5年間騰落率:44.84%
  5. かなり積極型
    とことん収益性を追求していきたい方のための運用コース。
    5年間騰落率:52.12%

※2022年1月31日時点

1番上が1番慎重なコースで、下に行くほどリスクを取ってリターンを求めるコースになっています。

5年間騰落率とは、過去5年間でどのくらい増えたかを表したものです。

パーセンテージが高いほど儲かっていますが、それだけリスクを取っているとも言えます。

まず、この中からどの運用コースを参考にするか決めてください。

自分の年齢やタイプをよく考えて、どれだけリスクを取れるのか決めてください。

参考までに言うと、若い人は「かなり積極型」や「積極型」、逆に年配の人は「保守型」や「やや保守型」を選ぶのが一般的です。

アセットアロケーションの確認

参考にする運用コースが決まったら、次にアセットアロケーションを確認します。

まず、参考にする運用コースのマンスリーレポートを開きます。

「1000100」~「1000500」のいずれかになります。

マンスリーレポートを開くと、真ん中に「アセットクラス・銘柄の基本構成比」という見出しがあります。

その下にある表から「サブアセットクラス」という列を探します。

その列を見ていくと8資産が並んでおり、その横に「当月末」の割合が書かれています。

それが楽ラップのアセットアロケーション(資産配分)になります。

重要なところですので、しっかりメモっておきましょう。

先進国株式と先進国債券は為替ヘッジの有無で2行に分かれていますが、面倒なので足してしまいます。

現金等が数%ある場合はそれも記載しておきます。

  • 国内株式:○%
  • 先進国株式:○%
  • 新興国株式:○%
  • 国内債券:○%
  • 先進国債券:○%
  • 新興国債券:○%
  • 国内リート:○%
  • 先進国リート:○%
  • 現金等:○%

全部足して100%になることが確認できたら、これでアセットアロケーションの確認は完了です。

ポートフォリオの作成

次にポートフォリオの作成です。

楽ラップのポートフォリオについては、先ほどの表の「組入銘柄」に載っています。

それを見れば分かるように、楽ラップではラップ用のファンドをポートフォリオに組み入れています。

なので、残念ながら完全コピーはできません。

ではどうするかというと、資産ごとに代わりの投資信託を自分で探します。

そこは好みになりますが、個人的には下記の投資信託で問題ないと思います。

  • 国内株式:eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)
  • 先進国株式:eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • 新興国株式:eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
  • 国内債券:eMAXIS Slim 国内債券インデックス
  • 先進国債券:eMAXIS Slim 先進国債券インデックス
  • 新興国債券:iFree 新興国債券インデックス
  • 国内リート:eMAXIS Slim 国内リートインデックス
  • 先進国リート:eMAXIS Slim 先進国リートインデックス
  • 現金等:eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

「現金等」は別に現金でもいいのですが、あえてバランスファンドで代用しています。

そこは自由ですので、もちろん現金で保有しても問題ありません。

資産ごとに買う投資信託が決まれば、これでポートフォリオ完成になります。

あとはもうアセットアロケーションの割合通りに投資信託を購入していくだけです。

メンテ方法

投資情報_見出し3

ここまで楽ラップを参考にしてポートフォリオを作成してきましたが、これだけで終わってはいけません。

というのも、楽ラップでは次のタイミングでアセットアロケーション及びポートフォリオが見直されます。

  • 長期的な見通し(年に1度)
  • 短中期的な見通し(四半期に1度)

つまり、3ヶ月に1回アセットアロケーションやポートフォリオが変わる可能性があるということです。

どう変更されたかについては、毎月のマンスリーレポートで確認するしかありません。

なので最初に書いたように、追従するとしても2ヶ月遅れになってしまいます。

ただ、最終的には自分でポートフォリオを組めるようになるのが理想的です。

そのためにはFP(ファイナンシャルプランナー)の勉強が1番です。

猛勉強して自分が納得できるポートフォリオを作りましょう。

独学が難しいなら通信講座もあります。

ということで、今回は終わりにします。