【ふるさと納税】楽天で寄付して数千ポイントゲットする方法

ショッピングモール_タイトル

ふるさと納税をまだやったことがないという人は、今年からでも始めましょう。

ふるさと納税とは?

ふるさと納税という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。

しかしどういう制度なのか理解している人、また実際に利用している人は多くないと思います。

ふるさと納税とは、誰でも好きな自治体(市町村)に寄付できる制度です。

寄付と言えば無償でお金を渡すようなイメージですが、少し違います。

ふるさと納税で寄付したお金は、自己負担額の2000円を除いて次の年の住民税から引かれます。

要はどこかの自治体へ1万円寄付すると、次の年の住民税が8000円安くなるということです。

しかも寄付したお金の使い道も指定できます。(医療・教育・産業などざっくりですが)

なので上京している人が自分の故郷へ寄付すれば、故郷の財政を助けられます。

その代わり、今住んでいる自治体の税収は減ってしまいますが…。

お得である理由

先ほどの説明では、ふるさと納税のどこがお得なのか分かりませんよね。

「2000円損するだけじゃないか」と思われそうです。

何がお得なのかと言うと、寄付したお礼に返礼品がもらえるのがお得なのです。

簡単に説明すると、次のようになります。

各自治体は寄付が多いほど財政が潤いますので、できるだけたくさん寄付して欲しいわけです。

しかし当然ながら、何もせず待っているだけでは寄付が集まりません。

なので寄付を集めるために、他の自治体から寄付してくれた人に対して返礼品を送ってくれるわけです。

返礼品の還元率は自治体によって異なりますが、寄付金額の3割程度と思っておけば良いでしょう。

つまり10万円寄付すれば、3万円相当の返礼品がもらえるということです。

さらに来年の住民税が9万8000円安くなりますので、差し引き2万8000円の儲けです。

なので、ふるさと納税は1度始めたらやめられないのです。

ふるさと納税する時の注意点

ショッピングモール_見出し3

ふるさと納税は非常にお得ですが、押さえておくポイントは2つあります。

それは次の2点です。

  1. 寄付上限額は絶対に調べる
  2. 寄付は5つの自治体まで

それでは1つずつ解説していきます。

寄付上限額は絶対に調べる

今まで説明してきた通り、ふるさと納税は実質2000円で返礼品がもらえるお得な制度です。

しかし始める前に、寄付上限額を把握しておかなければいけません。

ふるさと納税ではいくらでも寄付できますが、税金控除になる上限は決まっています。

それ以上の金額を寄付しても、住民税は控除されません。

寄付上限額が5万円の人が6万円寄付しても、住民税は4万8000円しか控除されません。

これではふるさと納税のお得さを最大限生かせませんので、寄付上限額はしっかり計算しましょう。

ではどうやって調べるのかというと、楽天にシミュレーターがありますのでそれを使います。

楽天会員しか使えませんので、まだ会員登録していない人は登録してください。

登録はもちろん無料です。

所得の詳細が分かる人は、詳細シミュレーターを使った方が正確な上限額が分かります。

まあそこまでしなくても大丈夫だと思いますが…。

理想はできるだけ寄付上限額ギリギリ、かつ上限額を超えない金額を寄付することです。

寄付は5つの自治体まで

もう1つの注意点は、寄付は5つの自治体までにすることです。

自治体へ寄付すると、自治体からあなたの元へ返礼品が送られてきます。

その後に、自治体から次の2つの書類が郵送されてきます。

  1. 寄附金受領証明書
  2. ワンストップ特例申請書

「寄附金受領証明書」は、確定申告する時に必要な書類です。

確定申告しない人には必要ありません。

重要なのは、次の「ワンストップ特例申請書」です。

ワンストップ特例申請書は、確定申告したくない人が自治体に送り返す書類です。

これを送らないと住民税が控除されませんので、絶対に送り忘れないようにしましょう。

フォーマットは次のような感じです。

何やら難しいことが書いてありますが、基本的には住所や名前を書けば良いだけです。

しかしワンストップ特例申請書は、5つまでの自治体に送った場合に限り有効です。

6つ以上の自治体に送付すると、無効になってしまいます。

無効になった場合は確定申告しなければいけなくなりますので要注意です。

なので確定申告したくない人は、寄付する自治体を5つ以下にしてください。

おススメは楽天以外にない

ショッピングモール_見出し4

ここまでで、ふるさと納税のお得さが分かったと思います。

しかし、どのショッピングサイトでも寄付できるわけではありません。

対応しているサイトは限られています。

そんな中、1番お得に寄付できるのは間違いなく楽天市場です。

なぜ楽天市場がお得なのかというと、寄付で楽天ポイントが貯まるからです。

ふるさと納税の寄付金は数万円になりますので、ポイントゲットの大チャンスです。

ポイント還元率の高い時を狙えば、どっさりポイントが入ってくるでしょう。

では1番ポイント還元率が高くなるのは、いつなのか?

それはお買い物マラソン期間中です。

お買い物マラソン期間中は、1つの自治体に寄付するごとにポイントがプラス1倍されます。

寄付する前に、必ず下記からキャンペーンエントリーしましょう。

キャンペーンが始まっていない場合は、しばらく待ちましょう。

月に2回ほど、1回に付き1週間ほど開催されます。

さらに楽天カードを持っている人は、5と0の付く日キャンペーンにもエントリーしましょう。

これでさらにポイントプラス2倍です。

キャンペーンエントリーが終わったら、下記サイトで好きな返礼品を探して寄付するだけです。


楽天市場
それだけで、数万円の寄付で数千ポイントゲットは間違いなしです。

ということで、今回は終わりにします。