【Zガンダム】天才パプテマス・シロッコの戦闘シーンまとめ

動画配信_タイトル

機動戦士Ζガンダムの実質上のラスボスであるパプテマス・シロッコの主な戦闘シーンを、見たままに書いていきます。

第10話 再会

第10話がZガンダムのラスボスであるパプテマス・シロッコの初登場になります。

シロッコはモビルアーマーに変形したメッサーラに搭乗し、何の前触れもなくいきなり現れます。

まずはあいさつ代わりに、ブライトの乗ったテンプテーションの救援に向かっていたシャアの百式とカミーユのガンダムMk-IIの間に猛スピードで突っ込みます。

あまりのスピードにシャアはよく見えなかったようで、カミーユが「モビルアーマーのように見えた」と言っているのを聞いて「モビルアーマー?」と驚いているのが少々マヌケです。

方向を変えて再び突撃してくるメッサーラに対してシャアはメガ・バズーカ・ランチャーの照準を合わせようとしますが、シロッコのプレッシャーを感じて狙いが定まりません。

シャアはハアハア言ってしんどそうにしており、明らかにシロッコのプレッシャーに押されています。

それならむしろプレッシャーを感じないオールドタイプの方が、ニュータイプ相手にはまともに戦えそうな気がするんですけどね。

まあそれは良しとしましょう。

カミーユが撃ったビームライフルを軽々かわしてテンプテーションのエンジン部分にビームを一発当て、余裕で去っていくパプテマス様。

「姑息な!」とシャアが怒りのメガ・バズーカ・ランチャーを放つもかすりもせず。

正体不明のまま、大物感だけを残して去ってしまったのでした…。

第11話 大気圏突入

エウーゴの大気圏突入の妨害任務です。

シロッコ先生は戦闘前からティターンズの旧式のモビルスーツをバカにしたりして絶好調です。

その後メッサーラ1機で戦闘に出ると、あっと言う間にサラミスを1隻撃沈させます。

次はシロッコの有名なセリフのひとつ「堕ちろ、カトンボ」を言い放ちながら、ネモとジムを撃破。

さらに追いかけてきたエマ中尉の目の前でも2機同時に撃墜してみせるなど、絶好調モードは止まりません。

そしてカミーユとエマの目の前でモビルスーツに変形してみせて、エマを震え上がらせます。

しかしモビルスーツに変形したメッサーラ、デカすぎるような…。

「フフフフフ」「ウワッハッハッハ」と大笑いしてから、「堕ちろ!」とエマ機の右腕をビームサーベルで切り落とします。

この大笑いするのが少しバカっぽくていいですよね。

その後はカミーユとの戦闘に入りましたが、まだまだ余裕しゃくしゃくと言った感じでした。

しかし、遅れて追いかけてきたシャアが相手に変わるとそういうわけにはいきません。

百式に追い回された挙句に、「…このプレッシャー、何だ?」と言いながら退散するのでした。

この勝負、シャアに軍配が上がりますね。

第32話 謎のモビルスーツ

エウーゴとアクシズが接触する前に、エウーゴとの戦闘。

シロッコはドゴス・ギアの艦長をしております。

シロッコ自身は出撃していませんが、シャアの百式にメガ・バズーカ・ランチャーで狙われました。

シャアは「なまじ大きいと、一発で致命傷というわけにいかんのが問題だ…」などと偉そうなことを言っておりましたが、ドゴスギアに照準を合わせた瞬間に「なんだ、このプレッシャーは!」とビビり始めます。

そして、「パプテマス・シロッコ!」と叫びながら撃つも外してしまいます。

結局4発中2発命中しましたが、ドゴス・ギアはカタパルトデッキを損傷したくらいで済みました。

今回はシロッコの貫禄勝ちというところでしょうか…。

第46話 シロッコ立つ

いきなり14話も飛びましたが、シロッコの戦闘がなかったので仕方ありません。

そろそろ物語は終盤に入り、佳境を迎えています。

シロッコはジ・Oでグワダンに出向き、ハマーンと会談。(ジャミトフも参加)

シャアが乱入したどさくさに紛れてジャミトフを排除した後、ハマーンのキュベレイとの戦闘に入ります。

シロッコはレコアとサラを引き連れ3対1でハマーンに対峙しますが、初めて見るファンネルに苦戦します。

レコアとサラはあっさりライフルを破壊されますが、さすがにそこはシロッコ、寸前で見切り何とかファンネルを回避します。

さらに目を閉じて集中するとファンネルの動きを読み取り、「見えた!」とライフルで破壊します。

さすがにハマーン様も「やつがこれほどの男とは!」と驚きつつもプレッシャーを強めると、シロッコは汗だくになってしまいます。

お互いにプレッシャーを発して膠着状態になっていましたが、2人の戦闘はカツがいきなり現れてシロッコにビームを発射したところで終了してしまいます。

サラがシロッコをかばって殺されてしまいますが、もしサラがいなかったら今頃「カツ最強」ということになっていたかもしれませんね…。

当然シロッコは怒りが爆発するわけですが、カツに照準を合わせようとしたところへ今度はレコアがわざと割り込みサラの仇も取れません。

さらにグワダンで死んだと思っていたシャアの百式からのビームライフルを見て、ビビッて撤退してしまいます。

シロッコとハマーン様はほぼ互角だと思いますが、この戦闘ではハマーン様の方がプレッシャーでやや押しという印象を受けますね。

しかもカツごときに翻弄されて…。

この回のシロッコさんはややかわいそうですね。

第49話 生命(いのち)散って

さて、Zガンダム最後の決戦になります。

シロッコも当然ジ・Oで出撃。

ハマーンのキュベレイと再び戦おうとした時に、シャアの百式がメガ・バズーカ・ランチャーを発射。

ガザCを大量に飲み込んでしまいます。

シャアはさらに第2射を試みようとしますが、キュベレイのファンネルの集中砲火に遭ってメガ・バズーカ・ランチャーは破壊されてしまいます。

その後シャアはジ・Oの存在に気付きますが、シロッコは「そんなモビルスーツでこのジ・Oと対等に戦えると思っているのか、シャア!」と思い切り百式をバカにします。

相当ジ・Oの性能に自信があるようです。

さすが天才シロッコ。

この回はここまで。

最終話 宇宙(そら)を駆ける

前回からの続きになります。

シロッコはコロニーレーザーを潰そうとコロニーレーザー内部に向かいますが、シャアとハマーンが追いかけます。

コロニーレーザー内部

中心部の破壊を始めたジ・Oを探す百式に対し、シロッコは「死にに来たか、シャア!」と百式を突き飛ばし、ライフルで足先を破壊。

そこへすかさずキュベレイが百式に斬りかかり、シャアは上手く避けながらもライフルごと右手を切断されてしまいます。

百式はそのまま後方のレーザー砲の一部に当たって倒れ込んでしまいますが、「ぬかったな、シャア!」と思い切りマウントを取るシロッコ。

シャアは「そうかな?」と言いながら百式を上昇させますが、そこでシロッコ先生がまたまた有名なセリフを吐きます。

「貴様のようなニュータイプのなり損ないは粛清される運命なのだ!」

ビームライフルで百式の右足を破壊するも逃げられ、そのまま居住区に移動して劇場の中でのやり取り。

その後、火を入れたコロニーレーザーからみんな揃って脱出。

カミーユとの戦い

シロッコはカミーユのZガンダムとの最後の戦いに臨みます。

最初の方こそ「勝てると思うなよ、小僧!」などと言ってサーベルで斬り合ったりしていましたが、その後はカミーユお得意のオカルト攻撃のターゲットになってしまいます。

何人もの死んでいった人たちに守られるカミーユと、サラしか守ってくれないシロッコ。

最後はなぜかジ・Oが動かなくなったところにZガンダムの先っぽの部分がシロッコの体に突き刺さり、あっけなくジ・エンドです。

ただシロッコさんも「貴様の心も一緒に連れて行く…」という言葉を残して死に絶えますが、どうもホントにそうなったようです。

そのせいで、カミーユはZZの戦いに参加できなくなりました。

ただアムロとシャアの戦いのようにテクニカルな要素は一切ありませんので、個人的には最後の戦闘としてはどうもイマイチですね。

ちなみにZガンダムを見るなら無料期間のあるU-NEXTで見るのがおススメです。

ということで、今回は終わりにします。